青汁なら大麦若葉がベスト!

大麦若葉の効能

青汁の原料についてですが、昔はケールというキャベツに似ているものが原料になっていました。ケールは栄養価が非常に高いことで有名ですが、どうしてもクセがあるのでお世辞にもおいしくはありません。ですから、「まずい!」というCMも印象に残っているのでしょう。
 現在では、青汁の原料もケールだけではなく、大麦若葉や明日葉などさまざまな原料が使われています。その上、原料単独でも十分な栄養価があるにも関わらず、もっと効果のある青汁作りがされているので、プラスしてフルーツが配合されていたり、長命草などが配合されているものもあります。女性に好評なのが、ヒアルロン酸やローヤルゼリーを配合している青汁です。健康と美容の効果がひとつの青汁で可能だということで、美容サプリメントから青汁にシフトする女性も数多くいます。そうすることで飲み忘れを防ぐ上に、経済的にも負担が少なくて済むらしいのです。いかにも女性らしいですよね。
 大麦若葉が何故原料で選ばれるようになったのか?それは、簡単にいえば【栄養価が高く、飲みすいから】なのです。栄養価はケールにも引けを取らないのに、飲みやすいのですから多くの企業が青汁の原料に大麦若葉を採用しているようです。